preload preload preload preload

WEBで商売する方法

WEBマーケットは言葉のマーケット

インターネットを使う人の8割が、検索キーワードから入る。

WEBマーケッティングは、この検索キーワードに的を絞り、シンプルな3つのステップを実行するだけで、事業に利益をもたらし、将来的にも収益を安定させることができます。
その3つのステップとは、次の通りです。

1.キーワード(言葉)を選定する。
2.キーワードマーケッティングを習得する。
3.仕組みを作る。

この、わずか3つのステップをしっかりとマスターすれば、誰でも面白いように利益を上げ、安定した収益を得ながら、事業を発展させていくことができます。

これまで難しく考えすぎていた人も、ここで推奨する方法を地道に実行すれば、誰でも3ヵ月後には、収益を上げることが出来ます。そして、半年後には、このWEBビジネスが、間違いなく事業の基盤を築いてくれることになります。

検索キーワードで自分のホームページが上位表示されるには、いくつかの方法がありますが、ニッチなマーケットを狙う中小企業にとっては、PPC広告がベストです。

PPC広告とは、ペイパークリック (pay per click )広告の略で、検索者のクリックに対して課金される広告です。

検索結果画面に広告が表示されても、ユーザーがその広告をクリックしなければ課金されません。
PPC広告は、「リスティング広告」、「検索連動広告」などとも呼ばれています。

日本では、Yahoo!検索に連動して広告が表示される「オーバチュア」と、Google検索に連動している「Google Adwords」がその代表です。

検索キーワードマーケット統計

このグラフから分かるように、Yahoo!「オーバーチュア」と、「Google Adwords」だけで、検索結果の8割以上のシェアです。
つまり、この2つを押さえておけば、日本のWEBマーケット市場を押さえることができると言っても良いでしょう。
そこで、当WEBマーケッティングでは、「オーバチュア」と「Google Adwords」の具体的な攻略法を伝授します。

なぜ、このPPC広告を効果的に利用するだけで、大きな収益を得ることができるのか?